暖房と換気

暖房・換気

FFヒーター1台による簡易床暖房とパッシブソーラー

設備機器の数を少なくすることで、イニシャルコストやランニングコストを低く抑えることができます。
コンパクトな住宅の場合、FFヒーター1台+床下循環用ファン+パイプファン3台程度で温風式床暖房と必要換気をまかなうことが可能です。
床暖房といっても、足がほんのり温かい程度ですが、これで十分だと考えます。夏だって、北海道であれば 窓の位置を工夫すれば、エネルギーを喰うエアコンは不要でしょう。

大げさな設備にたよるのではなく、冬は日照や基礎の蓄熱を利用したシステム、夏は庇や窓の位置の工夫による省エネ=簡易なパッシブソーラーシステムを勧めたいと思います。

薪ストーブのススメ

全室暖房で寒いところはなくなりました。でも何か寂しい、というときに薪ストーブは最適です。炎を見ながらしみじみと…。