設計料について

設計料について

木造2階建て住宅の設計、工事監理費は、工事費の10%が基準です。地盤調査、構造計算、遠方で交通費などが発生する場合、実費加算します。設計契約前に見積書を提出して、図面枚数、監理内容を協議して金額を決めます。

*工事費:置き家具、カーテンブラインド、造園、諸経費以外の建築費(消費税、暖房、給排水、換気、照明器具は含む)
*地盤調査費:スエーデン式サウンディング試験=3〜5万程度
*軟弱地盤の基礎構造計算:5〜8万程度

どこから有料?

  1. まず、電話、FAX、Eメールでご連絡ください。最初の打ち合わせでは、住まいに対する要望、概略の予算をお聞きします。敷地図もお持ちください。なんでも結構です、どんな生活がしたいかを語ってください。趣味や好きなスポーツやお酒の話からいろいろと夢が膨らんで行きます。これから敷地を探す方も、予算の配分や土地の適性についての相談ができます。
  2. 次に、設計者が敷地を見に行きます。敷地に立って、周囲の環境や日当たりをチェックします。どんな家が建つか、今度は設計者がイメージを膨らませます。一番楽しい時間です。
  3. 今まで設計した建物を見ていただき、住んでいる方のお話も聞いていただけます。
  4. 2回目の打ち合わせでは、簡単なプランやスケッチを提示します。これをタタキ台にして、大まかに法規上、予算上から、ご要望をチェックします。また、設計料の概略の協議もします。
ここまでは、費用がかかりません。 *ここまでの作業は、Eメールで行うこともできます。