家を建てる

家を建てる

どこにもない、自分だけの住宅

家を建てようと思った最初に、何を考えますか?
リビングの広さですか、部屋数でしょうか。
家の形や色を思い浮かべますか。雑誌で見たインテリアでしょうか。 その希望をかなえるのも家を造る目的のひとつでしょう。しかしまず、どのような生活がしたいのかを考え、今までできなかったことや、今まで以上に楽しく住みこなすための装置(空間)をつくることに意味があるのではないでしょうか。部屋の数や家の形は、その結果として現れるものです。

家を建てるには、敷地の形や環境、限られた予算などの複雑な与条件をクリアーしなければなりません。この作業には時間がかかるし、専門性や発想の柔軟性も必要です。はじめからあきらめてしまえば、お仕着せの間取りと材料でできた、「どこにでもあるけれど、誰のものでもない住宅」はすぐに手に入るでしょう。 しかし、ひとつひとつ、設計者のバックアップを受けながら進めることで、「どこにもない、自分だけの住宅」を適正な予算で建てられるなら、時間や手間は惜しくないと思いませんか?むしろこの「時間や手間」こそ、家を建てることの楽しさです。

設計者は話を聞いてくれないとか、自分のデザイン優先だとか、敷居が高いなんて言っていないで、どんどん話をしましょう。多分、使った時間に見合った満足を得ることができると思います。