適正な予算

適正な予算

適正な予算=ローコストということ

建築費を安くおさえることだけを目標とした建物は、論外です。なにを目的として家を建てようとしたのでしょうか?

無駄に面積をふやしたり、過剰な設備、無意味なデザインをしない、仕上げや収納を初めから造り過ぎない、間仕切りをできるだけシンプルにする。建物の高さを建材の寸法から割り出して、有効に使う。天井を仕上げないことで天井高さをかせぐなど、そうした積み重ねで建築費は節約できます。
しかし節約だけが目的ではありません。豪華さは無いかも知れませんが、引き締まった空間によって、新しい生活を誘導する装置として、高い質を持たせるのが本来の目的です。もちろん構造・断熱などの性能を高度に満たすことは、最低条件です。

構造・仕上げ・設備・空間(生活のための装置)とがバランスしてはじめてローコスト住宅ができるはずです。住まいに対する発想を柔軟にして、どこにもない、自分だけの住宅をめざすのなら、メーカーの住宅と同じ程度の費用で、それは可能です。